【必見】人前での緊張や震えの克服方法は?あがり症の原因

舞台で緊張しない方法とは?本番でのあがり症の原因

 

私は趣味でバンドをやっており、

今でも年に数回人前で演奏を行います。

 

 

これ、経験した方であれば分かりますが、

人前で過剰に緊張してしまい、

演奏を失敗する、次に演奏する内容をど忘れしてしまう。

 

 

こんな経験ありますよね?

 

 

例えば舞台で演技する場合でも、

全く同じようなことが起こります。

 

 

緊張をうまくコントロールできずに、

なかなかうまく演技をこなすことができない。

 

 

では、このような過剰な緊張はどのように克服すればよいか?

 

 

それは心のリラックス、ゆとりを持つことが必要です。

 

 

この緊張は、あなた自身が持っている不安や恐怖、

それも深層意識で持っていることが原因です。

 

 

舞台で緊張しない方法は、心のゆとり、リラックスから

 

私達は自分で制御できない、無意識の部分。

 

 

いわゆる潜在意識と呼ばれる意識があり、

普段から自分で考え、行動するものとは全く別物です。

 

 

そして厄介なのが、この潜在意識が、

私達の意識の大部分を占めているということです。

 

 

例えば特に意識していないのに好き嫌いがある。

虫が飛んできたので咄嗟に避ける。

 

 

こんな経験をしていると思いますが、

これこそが潜在意識によるものです。

 

 

実は過剰に緊張してしまう人は、

この潜在意識の中で不安や恐怖を抱えており、

これを克服する必要があるということになります。

 

 

この部分に働きかけることで、

不安や恐怖を和らげることができ、

過剰な緊張から開放されることができます。

 

 

舞台での緊張、本番であがらないために

 

心にゆとりをもつい、リラックスする・・・。

 

 

というふうに言われても、

何をどうすればよいのか、

なかなかわからないですよね?

 

 

でも実は案外単純な方法です。

 

 

それは、何も考えないで、

ダラっとした時間を毎日少しずつ設けることです。

 

 

現代社会において、このような時間を持つことは、

実は結構難しかったりします。

 

 

何かに追われ、何かに縛られ、何かをしなければならず、

何かをしないと時間が持ったいなく感じる。

 

 

おそらくほとんどの人がこういう状態なのではないでしょうか?

 

 

これでは、心にゆとりを持ち、

リラックスすることが難しいです。

 

 

大事なのは、これらから開放され、

自然体でいる時間を増やし、

リラックスすることです。

 

 

そうすることで、自然と不安や恐怖が和らぎ、

自然体でいられるようになってくるのです。

 

 

舞台で緊張しないためには、テクニック面も強化する

 

心にゆとりができ、リラックスできるようになったら、

次に行うのがテクニック面です。

 

 

例えば舞台であれば台詞回し、イメージ。

私のようなバンドであれば、練習、復習をする。

 

 

これらがテクニック面での強化です。

 

 

もし心にゆとりが持てている状態なのであれば、

以前とは全く違い、吸収能力が高まります。

 

 

つまり、成功するイメージが出てきます。

 

 

ゆとりがない状態であれば、

失敗するイメージが湧きやすく、

なかなか身にならないのではないでしょうか?

 

 

このように、自分の心のあり方ひとつで、

人前での緊張を自分でコントロールできるように

なってくることができます。

 

 

そのためには、あなた自身がゆとりを持ち、

不安や恐怖から開放されていること。

 

 

それができれば、緊張を克服することができます。

 

 

>>私が試した緊張克服方法はこちら<<

 

Copyright (C) 2020 【必見】人前での緊張や震えの克服方法は?あがり症の原因  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。