様々な部位のコンプレックスを解消できる

注射を打つ人

ヒアルロン酸注射はメスを使わないプチ整形の1つで、様々な部位のコンプレックスを手軽に解消できるとして人気です。例えば、顔1つとってもほうれい線などの深いシワを解消するシワ取り、涙袋形成に鼻を高くする隆鼻術などいくつもの施術部位が挙げられます。ほうれい線は頬がたるみ口の横にできる深いシワで、そのシワ部分にヒアルロン酸を注入し溝を埋めることで、肌がフラットな状態となり一気に見た目が若返ります。弾力性のあるヒアルロン酸は形を形成するのもとても得意で、目の下の膨らみ涙袋を作ったり鼻を高くしたりするということも可能です。顔の場合は他にも唇を厚くするための施術や、顎に注入してキレイな輪郭を作るといった輪郭整形としても行われています。さらにはバストのサイズをアップする豊胸手術にも用いられており、1カップから1・5カップ程度のバストアップが見込めます。注射での施術で済むプチ整形ですので、シワ取りや隆鼻術・豊胸手術も施術にかかる時間は10分から30分程度と短時間です。顔やバストにメスを入れずに済むプチ整形ということもあり、施術後に傷跡が残るのではという心配もありません。ヒアルロン酸を注入する時には事前に、麻酔をしておくので注入時の痛みもなく安心して受けられるプチ整形です。手軽なプチ整形で様々な部位の悩み・コンプレックスを解消できるとして、女性はもちろん男性もこの施術を選ぶ患者さんは増えています。

費用の相場をチェック

女性医師

ヒアルロン酸注射はメスを使わないプチ整形ということもあり、メスを使う美容整形と比べると費用の相場はリーズナブルです。ほうれい線を解消する際にかかる費用の相場は5万円から10万円前後、隆鼻術の場合は6万円から8万円といった金額が相場です。豊胸手術の場合はヒアルロン酸1ccにつき3000円から4000円が相場で、1カップアップするには片胸につき約100ccが必要となります。比較的安い費用で受けられるプチ整形ですので、美容整形初挑戦という人もヒアルロン酸注射であれば、チャレンジしやすいでしょう。

気になるダウンタイム

注射器

ヒアルロン酸注射はメスを一切使わないプチ整形ではありますが、美容整形である以上「ダウンタイム」については知っておく必要があります。ヒアルロン酸注射の場合、施術後に腫れや痛みといった症状は起こり難いのですが、注射針を刺す施術を行うので内出血が起こる場合があるようです。ただ、内出血も1週間から2週間程度すると自然と消えていくので、ほとんどダウンタイムの心配はありません。ほうれい線などのシワ取りなどをして顔に内出血が出た場合は、コンシーラーとファンデーションを使えば上手くカバーできます。

広告募集中