HOME>トピックス>美容外科で受けられ整形の種類をチェックしよう

2つの違いをチェックしよう

美容外科クリニックで受けられる美容整形は大きく、メスを使う手術とメスを使わないプチ整形の2つに分けられます。メスを使う手術の場合、切開・縫合といった大きな施術を行うため、見た目の印象もガラリと変化するのが特徴です。プチ整形は主にヒアルロン酸注入やボトックス注射といった方法があり、ナチュラルに見た目を変えられます。各美容整形の方法によってメリットやデメリットが異なるので、自分に合う施術法を見つけることが大切です。

持続期間で決める

メスを使う美容整形か、それともメスを使わないプチ整形かどちらを選ぶが悩んでいる場合、効果の持続期間で決めるというのもおすすめです。一般的にメスを使う美容整形の方が持続期間が長いと言われており、施術法によっては半永久的に効果をキープできます。プチ整形は1回の施術で約半年から1年程度の施術期間となるケースが多く、効果を持続するには定期的な施術が必要です。

ダウンタイムで決める

効果の持続期間以外に美容整形を選ぶポイントとして、施術後のダウンタイムを比較するという方法もあります。メスを使う美容整形の場合は術後、腫れや痛みといった症状が約2週間から長くて1ヶ月程度続くケースが多いようです。プチ整形のダウンタイムは約2日から3日、長くても1週間ほどなので仕事をあまり休めないという場合は、プチ整形の方が向いているかもしれません。

予算で決める

美容整形の施術法によって金額は異なりますがメスを使う手術の場合、数十万円から100万円前後が相場です。プチ整形は1回につき5万円から10万円という価格帯が多く、メスを使う美容整形と比べるとリーズナブルとなっています。ただし、プチ整形は定期的に施術を続ける必要があるので、その点も考慮して予算で施術法を決めるのも良いでしょう。

広告募集中